自分の可能性を信じ、とにかく行動しなければ、何も始まりません。営業をしていたことがあります。お客様は、良い物や欲しかった物を手に入れて喜ぶ。しかし、売る人と買う人との間に誠意や感謝という思いが少なからず影響し、物の価値を変えることがあります。人との関わりから生まれる満足と充実感を味わいましたが、私を抱えるその器は、私のやりがいや想いとは異なり、数字だけを求めていました。 飲食店にも勤めました。現場を把握し、接客のノウハウも学び、「ここでなら・・」と、向上心から上を目指し努力しましたが、ある日突然、現場経験のない上司が現れ、私の信じるものは全て、数字や理屈に姿を変えていきました。 自分の可能性や価値を、心無いものや数字に評価されることはどうしても納得できず、悔しいというより、ばかばかしく思えました。 自分の可能性や価値を会社や上司が認めないなら、 自分でやるしかないと決意しました。 自分で創り表現するかたち、それを評価する人。 飲食店こそ、ダイレクトにその応えが返ってくる自分自身のステージだと思いました。 しかし、一般的にどの業態も年月を費やし経験を積み、やっとの思いで店を構える。 それに魅力は感じられず、私には必要のないものでした。 時間をかけずに、飲食業界で勝負できる商品(業態)を確立する。 何処で何をどんな風に売るか、全てのことを自分で見極め判断し納得できるもの(価値)。 そして、何よりも『絶対に負けない勝負』をしようと決意し、私の挑戦は始まりました。 私の魂を込め、創り上げたもの・・・それが「焼味尽本舗」です。 人を喜ばせたい一心で努力し続ければ、感動を与えることができると信じています。 お客様にやみつきになっていただく。これが、私たちの使命です。 共に働く人たちと想いをひとつにし、その想いが報われたとき感動に心震わせ、 私たちもやみつきになって行くのです。 魂込めた料理で感動を創り、心を込めた言葉と笑顔で、感謝を伝えます。 『商品』を売るのではなく、お客様が店を出るときに感じるもの、『価値』を売ります。 数多い飲食店の中で、[焼味尽本舗]を選び、お越しいただいたお客様に、大切な人と大切な時間を過ごし、小さな幸せを見つけていただく場を提供します。 豊かで幸せいっぱいな気持ちになれる、何回でも行きたい、またスタッフに会いたい そんなふうに感じ、やみつきになっていただくために。お客様が、共に働く人が、店にかかわる全ての人が、やみつきになるように・・・。 『 やみつきの種をまこう 』を一心に すべての人や物に 素直に感動、感謝、感激できる 「人」そして「店創り」を目指します。
[焼味尽(やみつき)とくちゃん]というのは、 たんを焼くことに熱中し、その味にこだわり、努力することをやめない。 という想いを込めて、焼く、味に、尽くすから「焼味尽」( やみつき )、 そして「とくちゃん」とは、大正10年生まれの社長のおばぁちゃんの名前です。 社長が田舎を出る日に、大好きなおばぁちゃんが、話された言葉です。 「ばぁちやんは何にも出来ねぇけど、仕事は遅刻もしねぇし、一日も休んだ事ねぇど」 「おめぇのこれからする事、コツコツコツと人の3倍一生懸命頑張れば何でもできっから」 「大阪行って、人さんに迷惑かけんなよ、いっぺぇの人に喜んでもらえよ」と・・・。 この言葉を決して忘れてはいけないと、「おばぁちゃんの名前」が屋号になりました。 決めたことは人一倍、一生懸命やり抜くとくちゃん。 たくさんの人に喜んでもらう、とくちゃん。 直営店は、社長の思いが込められた「焼味尽とくちゃん」という店を、名前だけでなく 「とくちゃん」が育てる志や、お客様の愛着、信頼、夢を守り続け、社長の思いは社員の思いとなり、『とくちゃんイズム』として、今後成長し続けます。 その第一歩として、「焼味尽」が持つ心とサービスをたくさんの人に伝えるステージ・・・ 今、ここから始まる新しい「とくちゃん」それが、「焼味尽本舗」です。